パソコンは部品のスペック(性能)が低くて 動作環境が満たないと、
作業の途中でフリーズなのどシステム的な支障が出てしまう事も多いです。

たとえば外付けメディアに膨大な数の データ移し変えを行う時に、
途中で ファイルコピーエラーが起きて止まって、
時には元のファイルやOSの破損、最悪、HDDそのものが
故障してしまうケースさえあります。

また、OSでデバイスに認識しないために、
など外部接続のハードウェアに挿入したディスクを読み込まない 場合もあります。

新しく性能の数段高いPCを買う事で大抵は解決できます。

その際に、今までの古いマシンから、それまでの データ移行を行いましょう。

もしOSを再インストールして直すときは、先にバックアップと取っておいて、
後から再セットアップ後に 削除ファイルの復元フォルダの復元
作業を行っていきましょう。

なお、内蔵ハードディスクや外付けHDDのデータ復旧とは
専門業者にHDD本体を分解してもらい、内部の データ取出しを行ってもらう作業です。 参照:データ復旧の方法