Windowss(ウィンドウズ)等のOSのパソコンを普段使っていくうちに
突然I/Oエラーが起きたり、システム関連の問題が起きたら、パソコンの故障の際でのデータの診断を行った方が安全です。

また間違えた一時ファイル削除ミスで一部のデータがわからなくなってしまったり、
新しいアプリケーションのインストールや
逆にインストール失敗の影響で不具合を起こしてしまったり、
気づいたらフォルダが消えた、というトラブルも起こりえます。

 更にパソコン内蔵のHDDが壊れた重度の障害の
 ハードディスクトラブルはもっと困りもですね。

以前にうっかり別の記憶装置へのバックアップを怠ってしまい、
そのときにはデータ復旧 の専用ツールなどを用いて何とか回復がうまくいきました。

 ですが、OSやファイルのシステムバックアップを行っていれば、
後に行うパソコンのリストア作業の際にわりとかんたんな手順で
システムを再度復元する事が出来ました。

 日々のデータのバックアップはとても大切ですが、
もしタイミングが悪くて差分更新が行われないうちか、
設定が出来ていなかった時に データ破損のトラブルが起きてしまったら、
専用のデータ復元ソフトウェアを購入するかダウンロードして使用し、
フォルダ上から消えたデータを復元してみる方法も大変便利です。

または専門のハードディスクデータ復元のサービスで
ファイルの抽出をしてもうとより確実です。

 [データ復旧:PC・HDDファイル復元・修復方法]
 [ttp://pchdddata.blog85.fc2.com/]